NBロードスターにMasterpieceフロントバンパー、サイドステップ取り付け

↓取り付け前の純正状態。

↓まずは純正バンパー、ライト等の取り外しです。前期車ですので後期用ライト、ガード(アンダーカバー)に交換します。

↓左が前期ガード、右が後期ガード。

↓後期用ハーネスへの交換。

↓この場合、後付のエアクリーナー装着のためウオッシャータンク位置が通常と逆になっています。その為、ハーネスの取り回しが通常とは異なります。

↓バンパーの仮固定です。一応、4箇所止めてからボンネットとのチリを確認します。

↓ボンネットを押しているのではありません。バンパーを押し込んでいます。ライト部のテープは傷防止です。

↓バンパーとボンネットのチリを合わせるため、クルマの状態によってはボンネットの位置を調整する必要があります。ボンネットの高さ調整は写真のゴムストッパーにて調整できます。また、前後方向はフードロックのヒンジで調整できます。

↓前後方向はボンネット固定ネジを緩めれば多少動きます。

↓この場合は前に出ていましたので写真のように少し後へ下げてみました。

↓ご覧の通りピッタリです。

↓ガードの取り付けです。

↓ガード無しの状態。下の写真がガードを付けた状態。

↓ホイール部から見たバンパー裏側写真。純正ガード装着を前提にバンパー下側をガード形状に合わせてあります。

↓アンダープロテクターの取り付け。薄い青色はラジエターまで延びたガイド(表面は黒塗装)。

さて次はサイドステップの取り付けです。

作業前に10cmくらいの木材をかませます。写真のテープは傷よけです。

↓仮止めしてタッピングビス用下穴位置を決めます。

↓ピッタリ、ボディに付けた状態でないと後で隙間ができますので助手に押えてもらいます。

↓ボディに開けた下穴です。

↓サイドステップをボディに取り付けます。

↓事前にホイールアーチ裏のガードにバカ穴を開けておきます。

↓ドア下のビスを固定。

↓下側もタッピングビスで固定します。クルマの下に入る場合はブレーキは勿論、ストッパーを忘れずに(この場合は左後輪にストッパーがあるため写真には写っていません)。

↓タイヤハウス側の固定。

↓前も後もジャストフィット。

↓最後にライトの光軸調整。

↓完了したクルマを外へ出し、明るいところでチリの再確認。

↓ちなみに車高を3cm下げてある状態でバンパー最低高は約14cmでした。

↓以下、完成スナップ写真です。

撮影にはこのクルマのオーナーの仙台Oさんのご協力を頂きました。(2007.8.4)

※この商品の詳細はこちらから