R34 スカイライン
Question no.1 車輌型式の違い
まずエンジン型式によるボディ形状の違いについてですがR34系の車輌はENR34 ER34 HR34全てを含め共通となります(車検証を参照)。
ターボ/NAに関しても同様にボディ本体での形状の変化は見られません。但し前期/後期のターボ車のみ特有の追加部品としてバンパー側面 にインタークーラー排熱ダクトが設けられています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●エアロパーツ装着の可否について
(1:フロント)
2ドア/4ドア共にフロントセクションのボディパネルは共通です。
ヘッドライトに関してもキセノン/ハロゲンの違いはあっても形状的には同一の物となります。
従ってEB STYLE 、GTS−R,NEWタイプフロントバンパーは全車共通。
ノーマルバンパー用フロントスポイラーはターボ/NAどちらも装着できるようになっています。(前期専用)
エアロフォルムバンパー用フロントスポイラーは純正オプションの"エアロフォルムバンパー"専用です。(前期/後期共通 )


「EBスタイルフロントバンパー 」
ボルトオン装着。ダクトネット、ボルトナット類付属。
「GTS−R、NEWタイプフロントバンパー」
2/4ドア取付け可能。レインホースのカット加工が必要です。後期に取付けする場合は前期純正レインホース・ウインカーを用意して下さい。ボンネットはGT系純正でのバンパー装着不可になりますので、当社ボンネット及びGT−R純正・他社GT−R用ボンネットを用意して下さい。
ボンネットをGT-R純正、GT-R用社外ボンネットを使用して取付する場合は、GT-R純正のフードロック、フードロックステー、ヒンジを用意して下さい。
ステー下側の穴位置が一箇所違いますので現車合わせにて穴開けを行ってください。
当社ボンネットは上記部品は必要ありません。

「ノーマルバンパー用フロントスポイラー」
バンパー下側に釣り下げるような形態で取り付けます。(要穴開け)
「エアロフォルムバンパー用フロントスポイラー」
 ノーマル用F/Sと同様の釣り下げタイプ。 (要穴開け)
「ノーマルバンパー用エアダクト」
両面テープによる取付けです。
サイドダクトのみ"位置決めプレート"によるけがき線通りに穴を開ける作業を経て取り付けます。
「アイライン」
両面テープによる取付けです。
●エアロパーツ装着の可否について
(2:サイド)
EB STYLE R34 は2ドア車のみの設定です。前期/後期共に装着可能です。
4ドア車用での発売に関しては現在の所"未定"となっていますので御了承下さい。


「EBスタイルサイドステップ」
ドア下サイドパネル部分へかぶせる形態のパーツです。(要穴開け)
「サイドステップ」
2、4ドア用 両面テープによる取付。穴開け加工が必要です。 2ドア装着時の注意−純正オプションのサイドステップ装着車に当社サイドステップを装着すす場合は日産純正品「サイドプロテクター」を装着して下さい。
エアロパーツ装着の可否について(3:リア)
2ドア/4ドアは、ボディデザインの意匠にスカイラインとしての統一感は現れているものの、トランク、バンパー等の形状及び各部寸法は大きく異なります。
(イーストベアーのエアロパーツは2ドア車のみの設定です。)
「EBスタイルリアマットガード」
リアバンパー両脇下側へかぶせる形態での取り付けを行ないます。(要穴開け)
「リアバンパー」
2、4ドア用。純正交換タイプ(要穴開け)
バックランプ移設の伴い、バックランプ・移設ハーネス付属です。
●エアロパーツの装着の可否について
(3:その他)
「エアロミラー」
2ドア車(前/後期)のみの設定です。
フロントピラー及びフロントドアガラス形状の違いにより4ドアへの流用はできません。
●GT-Rに取り付け可能なパーツは?
ENR34 ER34 HR34とBNR34の共通パーツはウインドウガラス、左右ドア、ヘッドライト、リアコンビランプのみです。
フェンダー形状の違いからボディパネルに関するエアロパーツの流用はできません。
《アイライン・エアロミラーのみ流用可能》