トップ > フルバケtypeGS(純正レール対応) > SIGMA バケットシートタイプGS(FD3S純正シートレール用)

SIGMA バケットシートタイプGS(FD3S純正シートレール用)

価格 : 円(税込み)
(代引き不可)
ポイント : 640
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

RX7(FD3S)の純正シートレール用バケットシートと専用ブラケットのセットです。純正シートレールを使用しながら、ローポジションを実現した究極のFD3S用フルバケットシートです。シートカラーはのみの設定です。大型ランバーサポートも選べます。


●代引き取り扱い不可。
SIGMA GS詳細説明

●付属:純正シートレール用ブラケット。スチール板厚3.2mm採用で強度を確保。
●運転席、助手席共用。
●シートサイズは腰部はNewタイプ3Lとほぼ同等、ショルダー部はタイプ3と
  タイプ4の中間です。
 シート・タイプとサイズ

シート・タイプ

2L

CA-L

CA

3L

3

GS

4-L

A(ショルダー最大外寸法)

57

54.5

54.5

52.5

52.5

48.5

47

W2(外寸)シェル底部→

39

39

39

37

38

37

37

W3(内寸)尻クッション
   
ハーネスホール上

34-35
36

34-35
36

32-33
35

32-33
36

32-33
33

32-33
36

31-32
36

H(背長)

86

85

85

86

86

84

86

●ブラケットはスチール(板厚3.2mm)を採用し十分な強度を確保。
●クッションは最高級PUF(不燃性ポリウレタンフォーム)を採用。また、長時  
 間の運転にも疲れないよう尻、腿部クッションには低反発ウレタンを、更に尻部
  クッション下にPUチップ板(10mm×1)を挿入。チップ板の取り外し
  によりポジションの微調整も可。また別売りの
PUチップウレタンを追加するこ  
 とで
純正同等にすることもできます。



●表皮はNewタイプシリーズと同じ通気性の良いトリコット。カラーは黒、赤。
●ポジションは純正比マイナス2cm〜3cm。(前述のチップウレタンの取外しでマイナス2cmくらいまで下がります。FDの場合はフロア形状の問題からこれが限界でこれ以上下げようとしてもシートがフロアに接触してしまいます。)。

↓純正シートレールにサイドステーを介してシートを取り付けた状態。
 白い部分はシート背中です。通常のシート形状ですとボルトに当たり
 ポジションが下がりませんが、タイプGSは写真の様な形状ですので極限
 までポジションを下げることができます。


●ステアリングとのセンターずれは純正比1cm外側(純正シートのズレ約1cm)。
●前後のスライド量は変わりませんが、前側に2cmオフセットされた状態になります。
↓装着写真(運転席側から。シート位置を最も前にした状態。)

●ショルダー部のボディとの接触は勿論ゼロ(R/H、L/Hとも)。
↓ドアとの位置関係 助手席側の方がドアとの位置関係はタイトになります。

↓装着写真(助手席側から。助手席位置は最後部にセットした状態。)

 

★SIGMAバケットシートの特徴
 国産
手作りシート
シェル:埼玉、縫製:山形、組み立て:自社』の国産手作りシートです。
 高剛性と軽量性軽量を実現するためマットをクロス状に貼り増し。
 シェル4.5kg、総重量6.5kgで仕上げました。
 
セッティング幅が豊富:サイドの『取り付け穴を上下2箇所設定』。
 最適ポジションを実現します。
 
クロスの張替え可能売りの補修パーツで身体に馴染んだシートを
 長くご愛用いただけます。また、シートレールを交換すればクルマを替
 えてもご使用いただけます。
 尻、腿部クッションには低反発ウレタンを採用:
 医療介護用品としても利用される低反発ウレタンは荷重が加わると独特
 の反応で沈みやがて静かに復元するスローリカバリー効果により人への
 負担を軽減し自分自身の体重と重力のバランスをとり理想的なドライビ
 ング姿勢を保ちます。
 豊富なサイズと種類
 
フルバケのサイズは体格は勿論、用途によっても大きく変わります
 豊富なサイズと種類のSIGMAフルバケからお選びいただけます。
 プションサイドプロテクターショルダープロテクター
 
シートバックプロテクターレーシングクッションなどのオプションパ
 ーツを揃えています。特にサイド・ショルダーのプロテクターはオスス
 メ・パーツです。


●弊社店頭には試座用SIGMAフルバケをご用意いたしております。フルバケは
  体にフィットするかが最も重要ですので、ご来店の上試座することをオススメ
  します。
   →『
EASTBEARへのアクセスはこちら